Background Color
Text Color
squarego

2015年結成のDTMユニット。 メンバーは⼤阪出⾝の柴⽥碧と⻄⼭真登。 往年のハードウェアシンセサイザー・⾳源モジュールを⽤いて⾳楽を制作している。 他アーティスト作品への参加やリミックス制作も多数⼿がけており、ラフォーレ原宿グランバザールのTV-CMソング、TVドラマ「電影少⼥- VIDEOGIRL AI 2018 -」の劇伴制作、アニメ「ポケットモンスター」のEDテーマ制作など数多くの作品も担当している。 演奏会も精⼒的に⾏っており、FUJIROCK2022へも出演し話題になる。 2018年に初の全国流通盤となる1stアルバム『DREAM WALK』をリリース。 2019年、2ndアルバム『Night Flow』は第12回CDショップ⼤賞2020に⼊賞し注⽬を集める。 2021年10⽉には3rdアルバム『See-Voice』をリリース。 2022年7⽉には⾃⾝初のデジタルシングル「KICK&GO(feat.林⻘空)」、11⽉には「SIGN(feat.藤井隆)」をリリース。2023年トラック集『DEPOT』シリーズをリリース。そして同年5月10日に4thアルバム『FINE LINE』をリリースした。

--

Japanese duo Pasocom Music Club blur retro sounds with modern electronic touches to create dizzying dance tracks balanced between the underground and the pop sphere. They’ve captured attention for their own eclectic songs and live shows, while also writing and producing for an array of other artists in their home country. Even though the pair gravitate towards ‘90s synthesizers to make the base of their sound, they continually find new angles on familiar instruments. The group, consisting of members Aoi Shibata and Masato Nishiyama, emerged from Osaka in 2015. Initially creating jaunty originals and covering songs by pioneering electronic artists such as Yellow Magic Orchestra, Pasocom Music Club caught attention for a sound nodding to the past but sounding of the moment. They showed off a flair for pop structure on 2017’s dazzling dance of Park City (released by influential Japanese netlabel Maltine Records) and dabbled in city pop experimentation later that year on She Is A.  Gaining momentum and playing more live shows, the duo released their debut full-length album Dream Walk in 2018, using the limitations of their retro synthesizers to craft galloping synth-pop accented by human vocals. The following year’s Night Flow explored moodier ambience and swifter tempos, while 2021 saw them sprinkle in New Age elements and fresh sonic textures for See-Voice, while also expanding the circle of vocalists they incorporated into their shimmering creations.

  • Booking

    pasoconongaku@gmail.com
  • Management

    HATIHATI PRO.

"FINE LINE" 参加アーティストコメント到着!

Information

アルバムに参加してくれた客演アーティストからもコメントをいただきましたので掲載いたします!
(アルバム収録曲順、敬称略)

みなさま本当にありがとうございました!!!




chelmico 
M-2 PUMP! feat.chelmico

踊るのがやめられない曲ができちゃった!ありがとうパソコン音楽クラブ!一緒に歌えて嬉しいよ!


MICO
M-4 It’s(Not)Ordinary feat.MICO

西山さん!柴田さん!最高のアルバムに参加させてくださり本当にありがとうございます!

映画のエンディングでこれまでの登場人物が一挙に集まってぐっときちゃうあの感じみたいに、次々とさまざまなボーカル・ムードの楽曲が私を楽しませてくれて感動しました。

おふたりがここまで歩んできた色々なものが、音とフィーリングから感じ取れるようです。

私の立ち位置はその中で、急にふわっと現れて予言めいたことを言って去っていく謎のキャラという感じがしました。新しい表現ができてとても嬉しいです。

一曲ずつ ”宇宙人のいる生活が体験できるRPGゲーム” をプレイするような気持ちで聞いたら本当に楽しいのでおすすめ!


林青空 
M-5 KICK&GO feat.HAYASHI AOZORA

4th Album 『FINE LINE』 リリースおめでとうございます!
パソコン音楽クラブ2人はいつも何かコソコソと変なことをやっていて、
だけど生まれてくるモノがめっちゃかっこよくて。10代の頃から密かにずっと憧れていました。

歌わせてもらった「KICK&GO」では、ボーカルで参加させてもらえる興奮とワクワクをそのまま込めました。聴いてくれる人にも、ドキドキしてもらえますように。


小里誠 a.k.a Francis
M-7 Omitnak

パソコン音楽クラブはこれまで、自分達らしさ美意識を常に追求し非常にスタイリッシュな作品を作り続けてきてると感じてた。ただ今回ばかりはそんなまとまりなどモノともせず、コンセプトアルバムの体裁の中で独アタタック感溢れる楽曲も含めポップでキッチュでガジェットな要素も散りばめ、今までで一番凶暴だけど気持ちのいい音楽をぶち込んできた。そしてみんながきっとグッとくる曲もちゃんとバランスよく入ってる。嗚呼なんと痛快な! ほんのちょっとですがこの作品に参加出来て嬉しいです。最強で実に愉快なアルバムを有難う!すでに愛聴盤。


The Hair Kid  
M-9 UFO-mie (Album Mix) feat.The Hair Kid

(原文)
A little while ago, I was in a food court in Osaka when Mr. Shibata quietly took me aside and asked me to rap on the new Pasocom Music Club album. I hadn't rapped in about 7 years, so the request came as a bit of a shock, causing me to reevaluate my past material, which I've always had complex, mixed feelings about.

Of course, I happily agreed.

To help get in the right mindset, I had the honor of listening to an early demo version of the album. Even in its rough state, I was immediately struck by the same strong emotions as when I first heard Plus Tech Squeeze Box and Midnite Vultures.

Working on Fine Line has been truly inspiring, and has reaffirmed my love for the album as an art form.

(和訳)
少し前、大阪のフードコートで、柴田さんにそっと声をかけられ、新アルバムにラップで参加しないかと誘われました。もう7年ラップをしていなかったので、その依頼には少し驚かされ、ずっと複雑な思いを抱えていた自分の過去の音源を見直すきっかけになりました。

もちろん、快く参加させていただきました。

心構えのために、光栄にもデモ音源でアルバムを聴かせてくれたのですが、荒削りな状態で聴いても、初めてPlus Tech Squeeze BoxやMidnite Vulturesを聴いたときと同じ感動が襲ってきたんです。 

FINE LINEに参加したことで、本当に感動したし、アルバムという芸術への愛を再確認しました。


髙橋芽以(LAUSBUB)  
M-13 Day After Day feat. Mei Takahashi

尊敬するパソコン音楽クラブのお二人にお誘いいただき、歌を歌わせていただきました。

この曲と向き合う中で、自分のなかで温めてきた言葉や風景の、小さな記憶の断片に気が付きました。
毎日が分からないことだらけの私にとって、この曲はとても心強い気持ちにさせてくれる、大切な曲です。
今この曲を歌うことができて本当に嬉しく思います!パソコン音楽クラブのお二人に感謝の気持ちでいっぱいです。

たくさんの方に聴いていただけると嬉しいです。


PASOCOM MUSIC CLUB©2022